電通、NTT東日本、事業検証トライアル開始ほか|翻訳・通訳ニュース

インジェスターが世界から選りすぐった、翻訳・通訳に関するニュースをお届けします。
翻訳・通訳に関するお問い合わせはこちらから。

電通とNTT東日本、AI翻訳を使った事業検証トライアル開始


© 1999 東日本電信電話株式会社

株式会社電通と東日本電信電話株式会社(NTT東日本)は、外国人の投稿した日本観光に関するSNS投稿のAI翻訳と内容分析、これらを利用した外国人向けプロモーションを2018年1月よりトライアル実施し、ワンストップサービスの事業性の検証を行う。本トライアルにおいて、Peach Aviation株式会社の協力の下、訪日外国人向け旅のプラットフォーム「COMOMO」へ、外国人SNSのデータの分析に基づき、閲覧した訪日外国人の消費行動の変化を見ることで、効果検証を行う。

詳細等はこちらをご覧ください。
https://www.ntt-east.co.jp/release/detail/20171220_01.html

ネット不要 スティック型翻訳機 登場


コンビニ©2017

海外メディアサイトのKonbiniが日本発の「ili」を取り上げた。
「ili」はネット接続不要で内蔵データにより自動翻訳を行うことにより、0.2秒での翻訳を実現した世界初のウェアラブル翻訳機として注目を集めている。

詳細等はこちらをご覧ください。
http://www.konbini.com/us/lifestyle/ili-wifi-free-wearable-translation-device/

江陵市 間近に迫る平昌オリンピックに向け外国人対応力強化


© 2017 강릉뉴스.

韓国 江陵ニュースによると、江陵市がタクシーの表示灯の英語表記を推し進めることを発表した。
空車や予約などの表示を英語表記することにより、間近に迫った平昌オリンピックでの外国人対応力の強化につなげる。

詳細はこちらをご覧ください。
http://www.gangneungnews.kr/news/articleView.html?idxno=7219

関連記事

  1. 「傅雷翻訳・出版賞」授賞式、中国広州で開催ほか|翻訳・通訳ニュース

  2. シンガポールで翻訳人材育成プログラムの補助金提供 ほか|翻訳・通訳ニュ…

  3. トランプの侮蔑発言、翻訳に苦戦ほか|翻訳・通訳ニュース

  4. 小西財団と在仏日本大使館、漫画翻訳に光をあてる賞を創設ほか|翻訳・通訳…

  5. 2018年ロシア文学翻訳賞の候補作5作ノミネートほか|翻訳・通訳ニュー…

  6. 機械翻訳のミスによりサッカー選手の移籍契約できず、ほか|翻訳・通訳ニュ…