アメリカ、カレッジ修了者就職先で通訳・翻訳者が1位にほか|翻訳・通訳ニュース

インジェスターが世界から選りすぐった、翻訳・通訳に関するニュースをお届けします。
翻訳・通訳に関するお問い合わせはこちらから。

アメリカ、カレッジ課程修了者の新興就職先で通訳・翻訳者が1位に


画像引用元:SLATOR

<ニュース概要>
サンディエゴ大学の地域経済リサーチエクステンションセンターによる2017年のカレッジ卒業生就業機会調査によると、米国内でカレッジ課程を修了した学生の新興就業先の1位に通訳・翻訳者がランクインしたとのこと。
調査では今後10年間、同職は凄まじい伸びを見せ2026年には経験5年以内の通訳・翻訳者が68,000人に上るとの予想も示しています。

詳細等はこちらをご覧ください。
https://slator.com/industry-news/interpreters-translators-top-emerging-career-2017-according-uc-san-diego/

google翻訳が”性差別”?

<ニュース概要>
シカゴ大学の学生であるAlex Shamsさんがツイートしたgoogle翻訳の”性差別”が話題となっています。
記事によると、トルコ語という名詞に性的区別が存在しない言語をgoogle翻訳で英語に訳したところ、医者は”彼”、看護師は”彼女”と特定の職業によって男性または女性代名詞に勝手に変換してしまったということです。

詳細等はこちらをご覧ください。
http://www.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2017120416021105218

 江蘇省、125名の英語翻訳者が翻訳コンテストで技を競う


画像引用元:新浪公司

第1期江蘇省修士英語翻訳コンテストが東南大学で開催されました。全省34の大学から125名の英語専攻の修士がこの翻訳コンテストに参加。
コンテストは翻訳、通訳2つグループに分かれています。初戦、準決勝戦、決勝戦と勝負をしながらで順位が決まられていきます。コンテストでは現在日常生活でよく見る、「一帯一路」「共有自転車」(シェアサイクル)「無人飛行機」(ドローン)といった、辞書にはあまりのっていない言葉を学生たちに翻訳させるもので、高い翻訳能力が求められました。

詳細等はこちらをご覧ください。
http://news.sina.com.cn/o/2017-11-19/doc-ifynwnty5236603.shtml

関連記事

  1. レストランのメニューを翻訳するツール発表ほか|翻訳・通訳ニュース

  2. トランプの侮蔑発言、翻訳に苦戦ほか|翻訳・通訳ニュース

  3. スペインで2言語以上の”クロス翻訳”成功ほか|…

  4. Netflix 字幕テストのプラットフォームを一時閉鎖ほか|翻訳・通訳…

  5. 中国開発の通訳システム『訊飛』、国際イベントで使用ほか|翻訳・通訳ニュ…

  6. 韓国スタートアップ、AI通訳イヤーセット開発|翻訳・通訳ニュース