駅で通訳端末導入、訪日客の利便性向上ほか|翻訳・通訳ニュース

インジェスターが世界から選りすぐった、翻訳・通訳に関するニュースをお届けします。
翻訳・通訳に関するお問い合わせはこちらから

 みなとみらい線全駅にリアルタイム通訳が可能なタブレット導入


横浜高速鉄道(横浜市中区)はインデンコンサルティング(京都市)が手がけるテレビ電話を使ったリアルタイム通訳サービス「スマイルコール」をみなとみらい線全駅で導入した。
スマイルコールは、通訳者とリアルタイムで外国語から日本語に、日本語から外国語に相互通訳してくれるサービス。各駅の各改札口にタブレット端末「iPad」を一台ずつ設置し、スマイルコールを利用できるようにした。これにより、周辺の観光案内や、列車の行き先案内などに迅速に対応し、訪日外国人客の利便性を高める。
利用時間は始発から終電まで。対象言語は、英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語の5か国語。

詳細等はこちらをご覧ください。
http://www.kanaloco.jp/article/329933

 互いの会話を翻訳、双方向オンライン翻訳機、販売開始

画像引用元  (c) 2018 SANKEI DIGITAL INC. 
株式会社トライアングルズは26か国語対応、オンライン双方向翻訳機「MagicSay(マジックセイ)」を2018年5月9日(水)に販売開始した。
「MagicSay」はボタンを押して話しかけると、瞬時に音声と文字に翻訳してくれる。お互いの話し言葉を翻訳し、さらには会話履歴も残るので、翻訳した音声を聞き逃してもう一度話してもらう必要はないのだ。
提供される翻訳精度は世界上からアクセスされる翻訳サーバー上で日々学習しながら改善され、常に翻訳精度はトップクラス。
双方向通訳でスムーズな「会話」を実現します。

詳細等はこちらをご覧ください。
http://www.sankeibiz.jp/business/news/180509/prl1805091010019-n1.htm
「MagicSay」ホームページはこちらから。
https://www.magicsay.jp/

タブレット型、多言語ビデオ通訳サービス「ことばスイッチ」開発!

トランスコスモス株式会社は、高まる他言語対応ニーズに対応するため、タブレット型の多言語ビデオ通訳サービス「ことばスイッチ」の提供を開始した。
トランスコスモスでは「音声通話型の通訳サービス」、「テキスト翻訳」、「Webコンテンツの翻訳サービス」などさまざまな多言語対応サービスを提供しているが、さらなるサービス拡充として、お客様企業の従業員と顧客の対面コミュニケーションの円滑化をはかることができる「ことばスイッチ」を開発した。
訪日観光客など日本語以外の言語を話す方々と、日本語を使用する従業員などとの言語コミュニケーションを、タブレットやスマートフォンを通じて行う三者間通訳サービスアプリケーションで、トランスコスモスの多言語コンタクトセンターの担当者が、状況や表情を映像で確認しながら通訳を行う点が特徴です。

詳細等はこちらをご覧ください。
https://www.trans-cosmos.co.jp/company/news/180711.html

 

【告知】 経営者兼通訳が教える英語を話せるようになるまでの非常識な最短道

リスニングがなくても英語は話せる!?英会話と英語コミュニケーションの学習方法の違いが分かります。

日時 2018年5月25日(金)19:30~21:00
会場 ちよだプラットフォームスクウェア402号室
住所 東京都千代田区神田錦町3‐21 ちよだプラットフォームスクウェア4階    地図
料金制度 ¥1000
事務局 株式会社Light&Hope    ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

関連記事

  1. Netflix 字幕テストのプラットフォームを一時閉鎖ほか|翻訳・通訳…

  2. 翻訳原稿料は高いか否か ほか|翻訳・通訳ニュース

  3. 増える医療現場での通訳

  4. レストランのメニューを翻訳するツール発表ほか|翻訳・通訳ニュース

  5. スペインで2言語以上の”クロス翻訳”成功ほか|…

  6. Nintendo Switchゲーム英語版リリースほか|翻訳・通訳ニュ…