トランプの侮蔑発言、翻訳に苦戦ほか|翻訳・通訳ニュース

インジェスターが世界から選りすぐった、翻訳・通訳に関するニュースをお届けします。
翻訳・通訳に関するお問い合わせはこちらから。

トランプ大統領による侮蔑発言、外国メディアは翻訳に苦闘。


画像引用元  © 2018 SANKEI DIGITAL INC.

アメリカのトランプ大統領はハイチやエルザバドル、アフリカ諸国からの移民を「shithole countries(肥だめ国家)から来た人たち」と侮辱するような発言をし、関係国やアフリカ連合、メキシコのフォックス元大統領などから非難された。
Shithole という単語はあまりに下品なためメディアの報道では使われないが、米紙ニューヨークタイムズはツイッタ―でこの単語を伏せることなくそのまま使用し、その言葉づかいが記事にとって重要な要素になると説明した。
米国外メディアではそれぞれ直接的な表現を避けた翻訳を行ったため、各国で訳がバラバラになった。これこそがメディアの苦闘を物語っている。
上部の画像は、ワシントンにあるトランプ・インターナショナル・ホテルの壁面に、抗議のため「shithole」などの文字が映し出されたものである。

詳細等はこちらをご覧ください。
http://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/180117/wor18011709000001-n2.html

【ロシア】中国人観光客の増加で、ロシアは中国翻訳者・ツアーガイドの育成を促進


画像引用元 © 网版
ロシアの通信社によると、現在中国ではロシア旅行に人気が集まっている。2017年1月から11月までの期間、ロシアを旅行した中国人は約92万人だという。しかし、中国語を話すことができるツアーガイドは少なく、ガイドの通訳者はモスクワで約82名しかいない。この現状を改善するため、ロシア観光局は26名の中国翻訳・ツアーガイドの育成を実施した。2017年2月、ロシア観光局はモスクワ州立管理大学(Moscow State Management University)と提携し、中国人観光客にサービスを提供できる翻訳者・ツアーガイドを育成し始めた。研修生には中国語に精通するロシア市民を採用、資格のある研修生は2018年2月から仕事を始めることができる。プログラム管理者は「研修生を採用する際、厳格に審査し、76名の申請者のうち45名を採用した。そして、プログラム終了後は26名が合格し卒業した。」と説明した。

詳細はこちらをご覧ください。
http://world.huanqiu.com/exclusive/2018-01/11529221.html

人工知能を使用して、犬の言語を翻訳


画像引用元 1999-2017 © hiapk.com

2013年、Con Slobodchikoff教授は「追求博士:動物言語を学ぶ」という本を出版した。教授は、人間がペットに多くのお金を費やしているため、この技術についての研究が10年以内に役立つと考えた。動物と会話することで、人間は自身の日常生活に良い影響を与え、動物が思考できる生き物であると認識することができる。人工知能(AI)と機械学習の発展により、動物との会話が実現する可能性がある。表情分析技術は、人類に対応するために開発したものであるが、昨年、研究者によってAIが羊の楽しさと悲しさを分析することができると分かった。これをきっかけに、AIで動物の感情の分析を始めた。現在、研究者はアルゴリズムの学習材料として、犬の叫び、歩き方などの映像を収集している。近い将来、犬は吠える代わりに主人と会話できるようになるかもしれない。

詳細はこちらをご覧ください。
http://news.hiapk.com/article_s5a5d6e21affb.html

 【アメリカ】人の手による検証を行う機械翻訳、Unbabel


画像引用元 © 2018ReadITQuik .

アメリカの機械翻訳プラットフォームであるUnbabelが投資ラウンドSeries Bで2300万ドルを獲得したと報じられた。
同社のシステムは人の手による検証を組み合わせており、完璧な翻訳結果が出るまで機械翻訳と人的検証を繰り返すことにより競合サービスには無い翻訳精度を生み出している。
また、同社は動画コンテンツなどのリアルタイム翻訳のファンクションも備えている。

詳細はこちらをご覧ください。
https://www.readitquik.com/news/saas/unbabel-announces-23-million-series-b-from-salesforce-microsoft-samsung-and-others/

 【フランス】技術分野の単語をフランス語に置き換える試み


画像引用元 Image d’illustration.@ MANJUNATH KIRAN / AFP

フランスでは、定期的に技術分野の言葉をフランス語に置き換える試みがとられている。
先週末には、新たにフランス語化する単語リストが公開された。
“smartphones”, “smartTV” “Internet of things”などがそれにあたる。
たとえば”smartphones”は”Téléphone multifonction”(多機能電話機)という翻訳が提案された。
このように定期的に技術分野の単語のフランス語化が試みられていますが、
現状では “smartphones”が”Téléphone multifonction”と呼ばれるようになるのは難しいのではないかと予想されている。

詳細はこちらをご覧ください。
http://www.europe1.fr/technologies/oubliez-le-smartphone-passez-au-mobile-multifonction-3546053

関連記事

  1. (コラム)手話翻訳の実現を目指す ほか|翻訳・通訳ニュース

  2. 駅で通訳端末導入、訪日客の利便性向上ほか|翻訳・通訳ニュース

  3. アメリカ、カレッジ修了者就職先で通訳・翻訳者が1位にほか|翻訳・通訳ニ…

  4. 中国開発の通訳システム『訊飛』、国際イベントで使用ほか|翻訳・通訳ニュ…

  5. 韓国スタートアップ、AI通訳イヤーセット開発|翻訳・通訳ニュース

  6. 翻訳原稿料は高いか否か ほか|翻訳・通訳ニュース