地方自治体の外国人総合相談窓口でよくある問い合わせ

 

医療関係 31%
生活・暮らし関係 25%
社会保険、年金 10%
税金 7%
出産・子育て 5%
日本語学習 4%
その他 18%

(令和3年11月 当社調べ)

一番多い問い合わせは医療関係で、特にワクチン接種に関する内容が多い。

国内にいる外国人への新型コロナウイルスのワクチン接種が遅れていることも、問い合わせ増に繋がっているのかもしれない。

当社が受託をしている、東京出入国在留管理局や地方自治体の外国人相談窓口では、あらゆる問題を抱える在留外国人向けに、当該言語で丁寧かつ正確なご案内を行い、これからも不安が少しでも解消されるよう努めていく。

(関連情報:2021年11月7日 日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO77339930W1A101C2EA1000/?unlock=1

関連記事

  1. japanese lgbt flag

    LGBT+カップルにも5日間のハネムーンの休暇

  2. 【メディア掲載】Taskworld社 サービス紹介事例にて掲載

  3. インバウンド向け不妊治療ツーリズム事業を開始

  4. 【イベント告知】『好評につき2回目開催!』中国語人材採用ノウハウセミナ…